かのこの日記

第1回 かのこ絵本大賞 2018

かのこは小さなえほん屋です。店主の好きな絵本を少ししか置けません。

そんな絵本を手に取り笑顔になるお客様がわたしを前に前に進めます。

もっともっと広がるように読み聞かせの活動を続けていきます。

もっともっと出張・移動販売をしていきます。

もうすぐ開店から1年。

突然ですが、、、

1年間の活動を通してかのこが選んだ『第1回 かのこ絵本大賞 2018』を発表いたします!!

 

ほら出た出た!とはおっしゃらずに〜

そう!わたしの大好きなヒグチユウコさんの絵本第2弾。

出てくる動物キャラクターすべてを愛でたくなるような絵と、切なく優しさがギュつと詰まったお話は何度も読み返したくなります。

 

第9位「ぜったいにおしちゃダメ?」ビル・コッター作

第一印象は「なんだか子供だましな感じ?」と興味がもてなかったけど、読んでみたらこれがおもしろい。

読了後わたしの頭の中には、”おしちゃダメ”ボタンを作りたい!

作って子供達に”あ〜押したい!!”と思ってもらいたい!とウズウズしていました。

絵本に登場するしかけやアクセサリーなどの工作のきっかけになった楽しい絵本です。

 

第8位「すっぽんぽんのすけ」もとしたいずみ文 荒井良二絵

すっぽんぽん!そりゃあみんな好きでしょう!!

「すっぽんぽんの子が走って来たら笑っちゃうよ!」ってウチの娘も公園に遊びに行ってオムツを変えようと思った瞬間に逃げて、公園中を走り回り大笑いした記憶が。

この開放感、爽快感なお話読んで笑わない人はいません。

絵本をプレゼントしたい!なんて聞いたらついついこの絵本をチョイスして、絵本の向こうの笑顔を想像してしまいます。

「どうだ⤴おもしろいだろう?!〜〜⤴」って声がしますよ、私の心の声が。

 

第7位「なつみはなんにでもなれる」ヨシタケシンスケ作

ヨシタケさんの絵本はこども向けではないとおっしゃる方もいて、そんな気持ちも良くわかります。

「読んで聞かせる絵本ではないのかな?」とも思います。

でもね、この絵本、なんてったって楽しい絵本なんです!

家族みんなを笑わせちゃう絵本なんです。

いっそ家族みんなで”なつみごっこ”してもいいかもしれない!

娘が小さい時にこの絵本があったら絶対いっしょに「なつみごっこ」をやりたかったな。

 

第6位「空をつくる」村尾 亘作

空を見上げるの好きですか?

わたしは良く見上げます。毎日違いますものね。その空が見えなくなったら・・・。

空が見えなくなって行く絵、作っていく絵、幻想的で、でもはっきりした色合いにページをめくるのが楽しみになる。

イラスト集を見ているようなそんな絵本です。

 

第5位「あかちゃんがわらうから」おーなり由子作

ママパパだって心が弱ることがあるんです。そんな心にしっとりと入ってくる。

あかちゃんのわらう顔を見ると、心が救われる。

絵本読む余裕なんてないとおっしゃる方も多いでしょう。わたしも子育て中はそんな心の余裕が少なかった。そんな時にこの絵本に出会っていたら、あかちゃんの笑う顔を見ているだけで幸せと改めて思ったのだろな。

子供が小さな時、そしてその頃の自分を思い返しては、今生きている事の幸せを感じます。

ママやパパ、子育て奮闘中の方がちょっと一休みしたい時に読んでもらいたい絵本です。

 

第4位「ルリユールおじさん」いせひでこ作

ルリユールとはフランス語で「製本」を意味する言葉です。

本にたずさわる者としておじさんの仕事が気になる。

本を大事に大事にしている少女の思い。

本が出来上がるまでの贅沢な時間。

本が出来上がった時に心が温かくなる。

本好きなら読んでいただきたい絵本です。

そう本好きから本好きにプレゼントしよう!!

 

第3位「はみがきあわこちゃん」ザ・キャビンカンパニー作

ピンク大好き女の子におすすめしたいナンバー1。

リズムよくハミガキしたくなるだけじゃないんです。

この絵本はそうあわこちゃんの大冒険なのですから・・・。

女の子でも冒険は大好き!びっくりな展開やびっくりな風景のスケールの大きさに驚かされます。

読めば洗面所やお風呂など、朝も夜も楽しいあわこちゃんのはみがきマーチが聞こえてきそうです。

さあご一緒に〜〜〜

 

第2位「ネコヅメのよる」町田尚子作

ネコの世界は神秘的。

ネコの秘密、知ってる?

ちょっと怖いと思わせる重厚な色合いと、リアルなネコの絵でまるでネコの世界にいるように錯覚してしまいます。

わたしたちもネコの目線で「ネコヅメのよる」を共に過ごしているんです。

ノンキに寝ている我が家のネコたちはこんな不思議なよるの経験はまだないのかな。

 

第1位「星につたえて」安東みきえ文 吉田尚令絵

言葉は少ないけれど、その一つ一つにストーリーを想像するエッセンスが含まれている。

読み聞かせをする時は、言葉一つ一つを自分の世界に入れてから、ゆっくりと声にのせていくように意識する。

聞いてくださる方がこの世界にゆっくり深く入っていけるように。

おはなし会がきっかけでこの絵本を気に入ってくださった方がいて、あらためて楽しさとこれからの励みをいただきました。

 

独断と偏見で決定した『第1回えほん屋かのこ大賞2018』いかがでしたか?

やっと絞った10作品。他にも紹介したい作品が多数ありますのでまたの機会に。

この絵本がおもしろい!などのご意見、なんでこの絵本が選外なんだ!などのご不満ございましたら、遠慮なくどしどしコメントくださいませ。

「えほん屋かのこ」の1年に1度のイベントとして楽しんでいただけると幸いです。

またどこかで、あなたの心に響く絵本が届きますように。

えほん屋かのこ

2018年上四半期報告!なんてね。お話し会(1,2,3月)

かのこです。ご無沙汰しております。

2018年今年に入ってfacebookでも予告していたにもかかわらず、すっかり疎かにしていました、すみません。

昨年から定期開催を始めた、おはなし会。毎月テーマを決めて、自分で決めたテーマなのに、絵本選びに悩み、苦労した日もありましたが、それも楽しみでもあり・・・。では3か月のおはなし会のご報告を。

1/14(日)『犬のえほん』戌年に合わせて、犬が出てくるお話を。

「シバ犬のチャイ」「おいでフクマル」チャイとフクマルはそれぞれの犬のかわいい所、ちょっと笑ってしまうようなしぐさなど、犬の良さを楽しめるお話。

「いぬのおしりのだいじけん」犬同士でおしりを嗅ぐようになった、不思議な昔話?!

「コロちゃんはどこ?」これは小さいお子さんに手伝ってもらって、コロちゃん探しをしました。

「チャッピイの家」犬と人間の家族との大事なつながりのお話。

頑張って5冊読みましたが、小さいお子さんには、長いお話がちょっと飽きちゃったかな~と反省。

12月のおはなし会で読み手参加してくださった、絵本セラピスト高橋さんとお嬢さんお二人が1冊づつ読んでくださいました!!お嬢さんもとっても上手で感激でした。

高橋親子は「ぼくとハコイヌ」「アルどこにいるの」を。また違う犬の絵本を新たに教えていただいて、嬉しい~~。

2/18(日)『家族を思う』いろんな家族の形や、家族の中の出来事などのおはなし。

自分でテーマを決めておいて、ギリギリまで絵本選びに迷い・・・。

「ぜったいたべないからね」これはお兄ちゃんが妹を思う気持ちが、楽しく描かれているおはなし。

「だれのおばあちゃん」おばあちゃんが大好きで、いとこ同士のやきもちを焼く気持ちが可愛く描かれていてるおはなし。

「おじいちゃんがおばけになったわけ」これは私も父が亡くなった時に、読んで切なく涙が出て、そしてちょっとほっこりした気持ちになったので、お気に入りの1冊なので、これを披露しました。

「やだやだパパやだ」パパとお留守番になった女の子の不思議なおはなし。パパと娘の関係も楽しく描かれています。

「あかちゃんの木」赤ちゃんはどこから来るの?こんな疑問をひとつひとつ解いていくお話。小さいお子さんからでも一緒に読めるお話です。

そして2月も高橋さん親子が参加くださり「はなになりたい」これはちょっとキュンとするおはなしで、娘さんの優しい声にすっかり心を奪われました。「おとなりさん」となりに住んでいてなかなか会えない、でも気になる存在・・・相手の事を思うそんな素敵で、ちょっと笑えるお話でした。

2月はパンカフェ『coduchi(こづち)』さんが差し入れで沢山のパンを持ってきてくださり、おはなし会に参加してくださった皆さんにお土産としてお渡しできて、もう感謝感激です!本当にいつも皆さんに助けられて開催でき、楽しい会にしていただいてるとつくづく・・・。

3/4(日)日出町 cafe LIFEさんで開催『ホワイトデーおはなし会』に参加

熊本市の絵本とウィスキーの店「島崎さぶろう書店」の吉田美樹さん主催のおはなし会。私の参加は2回目で、今回は2部とも参加。

1部は「いつもふたりで」おばあさんがうたたねしているようで、実は天国にいるおじいさんと楽しい時間を過ごしているのかも?!というほのぼのするお話を。

2部は夜のおはなし会の雰囲気に合わせて「星につたえて」ゆっくりと好きという気持ちをたっぷり込めて読みました。気に入っていただいた方もいらして、いい経験になりました。

吉田さんは恋のチャート型アンケート用紙から、参加者の恋の思い出から絵本をそれぞれにセレクトという素敵な企画で・・・少し照れながらも皆さん参加して楽しいおはなし会に。

吉田さんの読む絵本も「イザベルと天使」や「どうながのプレッツェル」などキュンとするそしてストレートな恋のおはなしが聞けて、心はほっこりと。

3/11(日)『だれかを思う』ホワイトデー前で店頭開催なので、店でもホワイトデーをテーマにする予定でしたが、奇しくも3・11の日でしたのでホワイトデーだけでなく、色々な思いをこめてのセレクトになりました。

この回は初めて大人だけの参加でしたが、高橋さん親子にお手伝いいただいて「こちょこちょこちょ」のパペット付絵本で、おおきい野ウサギになって、自分が一番楽しんで!

高橋Sちゃん(お嬢さん)は「だいすきぎゅっぎゅっ」を読んでこれまたキュンとさせてくれました。

そして高橋パパさんと私続けて3.11への思いの絵本「ひまわりのおか」と「ぼくは海になった」を。亡くなった子供たちへの思い、ペットたちへの思い。それぞれが忘れずに伝えていくためのおはなしでした。

そしてホワイトデーに合った、この1冊大好きなヒグチユウコさん作「すきになったら」を。

最後は熊本の絵本作家さん”つん”さん作「あいうえオットセイまたあそぼ」の中から一つ思いの詰まったマフラーのおはなしを。

家族のように親しみのある方たちばかりが集まった3月は、ゆったりとした気持ちで静かな会となりました。

こうして今年3か月のおはなし会は、たくさんの方々の参加に支えられて、楽しく充実した会を開催して来れました。まだまだず~っと続けていく予定ですので、是非皆さまの参加お待ちしております。もちろん読み手参加も大歓迎!当日飛び入り参加のOK!です。

大人だけでなく、お子様も好きな絵本を持ってきて、読んでもいいですし、「これ読んで~!」のリクエストもOKです!当日チャレンジも面白いですね。

さあこうして絵本を伝える機会をどんどん増やして行きますので、読み聞かせに来て欲しい!という方もお気軽にお申しつけください。

個人の集まりでもいいですよ~えほん屋かのこ号でどこでも参ります!

また次回をお楽しみに!!

長々と読んでいただきありがとうございました。

えほん屋かのこ 岸本由紀子

 

 

 

 

カフェライフ「おとなと絵本の出会い朗読会」’17/12/3

熊本市にある、絵本とウィスキーのお店「島崎さぶろう書店」の吉田美樹さんからお誘いいただいて、大分県速見郡日出町にあるCafe LIFE(カフェライフ)さんで開催された『おとなと絵本の出会い朗読会・クリスマスおはなし会』へ読み手として初めて参加しました。

まず吉田美樹さんとの出会いは、吉田さんが司書の資格取得のために熊本から大分へ合宿のような状態で長期に来られているときに、お休みの日に大分市中央町の「カモシカ書店」さんで店主の岩尾さんかた聞いたと、えほん屋かのこまで来てくださって。(岩尾さんご紹介いただき感謝です!)

初めてお会いした時から、同じように絵本屋としてやっていく同志が増えたようで、お話していてとっても気持ちが高揚したのを覚えています。

そんな吉田さんはとっても行動派で、大分に居る間行ける所はどこでも!というふうに交流を広げて、すごいなぁと感心していました。それが熊本に帰ってからも、また大分でおはなし会をすると聞いて、これは是非行ってみよう!と思っていたら、読み手としてのお誘い、それは嬉しくてすぐ参加!を決めました。

実際どんな方が集まるかはわからないけど、クリスマスをテーマに私が参加する夜の部には、大人も楽しめる絵本をセレクトしました。

私が選んだのは「クリスマスにはおひげがいっぱい⁈」街にあふれるサンタさんとほんとうのサンタさんのお話。サンタクロースが出てくるザ!クリスマスな絵本にしました。

吉田さんの絵本は「よるのむこう」駅の近くならではの、旅のおはなしでゆっくりと絵本の世界に引き込まれていくようでした。

2冊目が「急行 北極号」なんだか汽車の音が聞こえてくるようでした。

吉田さんの声はとっても、心が落ち着くんです。

3冊目はくーにーさんこと、國廣さんの三線とコラボの「ゆうだち」三線に合わせた歌と、リズムが最高!でした。最後までドキドキワクワクしました。

4冊目は「ふくびき」これは私が本屋時代に出会ってなかった絵本で、はじめて聞いて、親子の愛情たっぷりで涙があふれてくるお話でした。

 

自分が選ぼうとしない絵本との出会い、新しい方々との出会い。本当にいい勉強、経験になりました。

 

このような機会をくださった、吉田美樹さん、Cafe LIFEのオーナーの美樹さんに感謝です。

色々お話させていただいて、また次の機会や、別の機会が出来そうで、夢は広がります。

 

ハスナゴのハグネコ「ネコ絵本おはなし会」17/11/12

こんにちは かのこです。

すっかり街は冬景色&クリスマス装飾に彩られました。

今月はFacebookでもお知らせしていました、ベップアートマンス「ハスナゴのハグネコ」出展ブースでの『猫絵本の読み聞かせ会』の報告です。

ハスナゴ(has75)さんとの出会いはもう1年以上前ですが、私が猫好きの流れでお会いする随分前からTwitterでハスナゴさんをフォローさせていただいていて、可愛いブローチを作る人がいる!といつもTweetを見ていたのですが、仕事を辞めてすぐの頃にたまたま、ブローチを作るワークショップが大分であると、しかも元職場で!とい事ですぐ問い合わせて、参加しました。

そこでご本人と直接初めてお会いして、ブローチのイメージのままのとってもほっこりと優しい人で、ワークショップでは思わず「Twitteerフォローしています!」とアピールしてしまいました。しかもブローチ作りは不器用な私でも、なんとか可愛く出来、お話も色々とできてとっても楽しい時間でした。そこで猫の保護団体「ネコの糸」さんの事も知る事ができたのです。

その時にお話した事がきっかけで、元職場での期間限定has75ショップも実現し、縁のありがたさを感じでいました。

そして今回、ハスナゴさんがベップ・アート・マンスに参加するにあたって、猫つながりを感じてくださって、絵本の読み聞かせ会のお話をいただきました。

1日ですがそれに合わせて、猫絵本も色々楽しく選んで仕入れて、どの絵本を読み聞かせしようか?と悩んだり、練習したりしながらも、読み聞かせの実践が少ない為に、自信がまったくなくて弱気な事ばかり言って、かかわる方に不安を与えて、告知をきちんとせずに迷惑をかけて、厳しいお言葉もいただき、甘えていた自分に反省のダメダメモードで本番に臨むという緊張の開催でした。

当日、とにかく笑顔で自分の持てる力を思いっきり楽しんで出すしかない!とドキドキしましたが、来てくださった方々の優しい雰囲気に助けられて、思いっきり楽しく読めたと思っています。

可愛いお子様のお客様や、読み聞かせの先輩友達や、猫好きのお客様の反応に本当に助けられて、なんとか噛むことも少なく(笑)声 もなんとか出せたのかな?!と終わった後は、ホッとして帰りの車で泣いちゃいそうでしたへへへ。

今回は本当にハスナゴさんにたくさん心配、不安にさせてしまい、そしてたくさん助けていただき、感謝してもしきれません。この機会を下さって、受け入れて下さったおかげで、貴重な体験、勉強をさせていただきました。ありがとうございました。

さて緊張体験の感想はここまでにして、読み聞かせ会で聞いていただいた絵本のご紹介!

①「ねねねのねこ」これはねこの『ね』のことば体操です。何個『ね』が出てくるか、そして猫の色んな姿を楽しんでいただく絵本です。

②「ねこいるといいなあ」佐野洋子作の絵本で、ねこが飼いたいけど、猫は近くにいない、でも猫を描くとたくさん出てきて・・・と不思議な猫のお話。

③「あしたうちにねこがくるの」これは猫を飼う事になって、猫がおうちに来るまで『どんなねこが来るんだろう?」とワクワク考えている時の楽しいお話。

④「トラネコとクロネコ」宮西達也作 トラネコくんとクロネコくんがケンカ?!お互い自分の自慢大会です。猫同士の会話がとっても楽しく、猫の友情物語です。

⑤「まんまるがかり」これは来てくれていた男の子が『これ!』とすぐ選んでくれた絵本で、猫がまんまるになる姿が可愛いくて、それを真似してみんなが ”まんまるがかり”になるほんわかしたお話です。終わった後に男の子もまんまるがかりになってくれて、とっても嬉しかった!!

⑥「ハルコネコ」これはまんまる続きで、表紙のネコの絵がまんまるなので、選んでもらった絵本です。おかあさんとケンカしたハルコが、ネコの集会に行きネコになるドーナッツをもらって食べます。ネコになったハルコはどうなるのかな?と次のページが楽しみになるお話です。

⑦「3びきのこねこ」このお話はドーナツつながりで、捨て猫だった3匹がドーナツ屋さんのおじさんといっしょに住むために色々考えて、自分たちの幸せを探すお話です。

⑧「ネコヅメのよる」町田尚子作 これはたくさん練習した中で、自分でも最後に読みたい!と準備していた絵本で、最後ハスナゴさんが選んでくださいました。町田尚子さん大好きな絵本作家さんで、絵が心にぐっと入り込んできます。言葉が少ない分ゆっくりはっきり読むのが、まだまだ修行中ですが猫好きさんがいたら必ず読みたい1冊です。

2回に分けて開催されて、4冊づつ読みました。

他に準備した絵本もいつか読む機会があったら、ご紹介します。

猫好きさん集まれ〜〜!!まだまだ頑張ります!!これからは弱音は外に出さず、準備をしっかり自信を持って挑みます。イベント&お祭りお声かけくださいましたら、どこへでも馳せ参じます!よろしくお願い申し上げます。

 

 

BunDoku読書会

かのこです。

すっかり冬になり、街はクリスマスの装飾に彩られていますね。

先日、大分朝読書コミュニティ「BunDoku読書会」平日朝読書の会に参加してきました。平日の朝に実施するのが初めてという事で、人数も9人とコンパクトでした。

そもそもなぜBunDoku読書会に参加するようになったかといいますと、たまたまお店に遊びに来てくださったお客様が、実は昔パルコブックセンター大分店勤務時代に、バイトさんとして一緒に働いていた方で、もう10数年ぶりの再会。

本が未だに好きで読書会のファシリテイター(進行役)などをしていると話を聞いて、前からBunDokuの活動は知っていたものの、小説をしっかり読んでお話できないと参加できないような会だと思っていたら、テーマがフリーの時はお薦めの本は何でもいいと、そうもちろん絵本でも!と聞いて、これはまた新しい出会いの場に入れる!と思った私は、人見知りを押し切って参加することにしたのです。

初めての参加は漫画がテーマでしたので、これは一押しの「死役所」を。

2回目はフリーでしたので、絵本の中でも本好きが集まる所と考え、本に関連したお話と思って「としょかんライオン」を。

興味持ってもらえるかな?とかなり緊張し行きましたが、皆さん普段絵本を手に取らない方なども、改めて絵本に関心を持っていただけたみたいで嬉しかったです。

そして今回3回目、「これは本」というタイトルで本って何?という現代らしい、可愛いポップなお話の絵本をお薦めしました。

BunDokuでは小説はもちろん、ビジネス書、健康書、哲学書など、皆さんが持ってくる本がジャンルも様々で、読んだ事のない本も内容を聞いていたら、読んでみたい!と思える本に加わって行く、そしてその本によってそれぞれの考えや、生活や趣味など人と成りが垣間見えたり、それぞれ年齢やお仕事なども様々で、でもそれを深くまで聞かなくても話しの内容に共感できる所や、違う考えを楽しんでいる、そんな感じです。

おしゃべり好きな人ばかり?というわけではないと思うのですが、お話してみると色々な経験をした方の、本にまつわるお話が聞けたり、絵本屋に興味を持っていただいたり、充実したひと時を経験しています。

本屋だからこその本の話しなどを交えながら、参加する毎にまた新しい出会いに緊張しながらも、これからも楽しんで行こうと思います。

書店勤務期間には参加しなかったので、活動内容が理解できていなかったけれど、こういう活動を実施している方々に、もっと本屋も関わって行ったら、本好きの方たちの輪が広がるのにな〜とつくづく思うのでした。